福音メッセージ

福音メッセージ

朝日を迎える

毎年新年の活動において、夜の年越しカウントダウン以外に、ある人たちは一年の初めに海や山へ行って、朝日を迎え、日の出を観賞します。輝く光が海面から昇り、雲海から現れる瞬間を見るとき、周りから喜びの声が上がり、すべての人は感動します。過去の1年...
福音メッセージ

この世には二人の人しかいない

神の目に、この世には二人の人しかいません。一人はアダムであり、もう一人はキリストです。神はすべての人をこの二人の中に数えておられました。あなたはアダムの中か、あるいはキリストの中にいます。アダムは極めて大きな人のようであり、あなたが母の胎か...
福音メッセージ

清めと罪の赦しの祝福

「イエスが語られた時、あるパリサイ人の一人が、朝の食事を共にしてくださるよう彼に求めた.そこで、イエスは入って行って、食卓に着かれた。そのパリサイ人は、イエスが食事の前に、まず手を洗わなかったのを見て驚いた。しかし主は彼に言われた、『あなた...
福音メッセージ

永遠の栄光

オリンピックはすべての運動選手の夢見る場所であり、金メダルを得ることはまさに出場する者の究極の目標です。二〇二一年の東京オリンピックの男子高跳びで、史上初の二人の金メダリストが誕生しました。その金メダルを獲得した一人のイタリア選手は感動して...
福音メッセージ

賃金と恵み

古くから、人は堕落の状況から逃れる方法を見いだそうとしていました。一面、人は自分の外側の行ないが良心と神の義の標準に到達できないことを知っています。もう一面、人は自分の内側には自分を情欲の放縦、犯罪へと引いていこうとする傾向があることも感じ...
福音メッセージ

だれが律法を行なうことができるのか?

人が堕落したとき、罪が人の中に入ってきました。しかしながら、人は自分がどれほど邪悪であるかを理解していませんでした。このゆえに、神は人に律法を与え、人が罪深いことが暴露されるようにしなければなりませんでした。人は律法の要求によって暴露されま...
福音メッセージ

善良な人は なお救われる 必要があるのか?

一人の善良な人 使徒行伝第十章一節から四節は言います、「カイザリヤにコルネリオという名の人がいた.イタリア歩兵隊と呼ばれる部隊の百人隊長であって、信心深く、彼の全家と共に神を畏れ、民に多くの施しをし、絶えず神に祈り求めていた。ある日……御...
福音メッセージ

人の宗教と神の救い

人類六千年の歴史から見ることができますが、一つの民族が文明的であれ、野蛮であれ、人の内側には神を礼拝する渇望があります。なぜなら、人の内側には霊があるからです。これは、人に胃があるので、食事をする必要があるということと同じです。同様に、わた...
福音メッセージ

イエスを信じることは とてもお得である

歴史の中で多くの偉大な人物がいます。思想家、政治家、哲学者……が多くいますが、神であると言える人はいるでしょうか? 当然ですが、彼らはみな人であると言うことができます。しかし、人であるわたしたちはとても有限です。キリストは人ですが、無限です...
福音メッセージ

福音の祝福

多くの人は福音を信じたら、天のお守りを獲得することができ、大きい問題が小さくなり、小さい問題がなくなると考えています。また、みな裕福になり、災いも病もなく、多くの祝福、長寿、多くの子、多くの孫を得ると考えています。しかし、これらはただ人の考...