2021-11

福音メッセージ

今までの仕事が無駄になる

アメリカ合衆国が西北部を開発しているとき、ある経験に富んだ技術者がいました。彼は二つの山にまたがる橋を建設する担当者でした。数ヶ月が経ち、完成間近のとき、あと約一、二時間ですべての工程が完了するところまでやってきました。その技術者は職人たち...
福音メッセージ

断わらない

神の召しは、選ばれた人において、神が最初に行なわれることです。それは神が過去の永遠において、人に対する選びと定めを実現するためです。神は時間の中で、彼の主権の案配において、彼らを神の当初のみこころにもたらすために、彼の選ばれた人を召されまし...
福音メッセージ

渇いている人の必要

ユダヤ人は毎年七つの祭りを持っています。その一年の最後、収穫時に持たれたのが仮庵の祭りでした。ユダヤ人は収穫し、倉に入れた後に、仮庵の祭りを守り行ないます。それはただ神を礼拝し、この一年で労苦し収穫した物を喜ぶものです。この祭りの間は、...
福音メッセージ

福音Q&A なぜ神は苦難が起こることを許されるのか?

神の当初の創造において、すべてはすばらしかったのです。人が創造された後、神によって美しいエデンの園に置かれ、園の中には見て喜ばしいあらゆる木があり、その上には食べるに良いあらゆる実があり、園全体が神の守りと顧みの下にありました。神は人の供給...
福音メッセージ

福音の鍵 真

「空の空、すべては空である。……日の下に新しいものは何もない」 (伝道の書 第1章2節、9節) 現在の科学が発達し、コンピューター、インターネット世代において、一台のパソコンや携帯電話でみなインターネットのクラウドに繋がることが...
福音メッセージ

宇宙の奥義は神である

天と地の存在には意義があります。万物にはみな、その存在の意義があります。 天と地の意義は何でしょうか? 天と地の意義は、天と地の奥義であり、宇宙の奥義です。 この奥義とは何でしょうか? この奥義は神ご自身にほかなりません。 ...
福音メッセージ

朽ちる食物のために働くのではない

朽ちる食物のために働くのではない ヨハネによる福音書 第6章において、主イエスはあるしるしを行ない、五つのパンと二匹の魚を用いて五千人を養い、なおも余剰がありました。その夜、主イエスと弟子たちは群衆を離れ、カペナウムという所に行きまし...
福音メッセージ

福音 Q&A サタンはどこから来たのか ?

サタンの意味は敵対する者であり、彼は神の敵だけではなく、 神の王国において神に反逆し、神の内敵です。 サタンは、元は神が地を創造した前に造られた御使いの一人でした。 神は腐敗したサタンを創造したのではなく、光の御使いを造りました。 ...
福音メッセージ

打算

「ある金持ちの土地が豊作であった。そこで、彼は心の内で思い巡らして言った、『どうしよう? 作物を取り入れておく場所がない』。彼は言った、『こうしよう.倉を壊してもっと大きいのを建て、そこに小麦も財産もすべて取り入れておこう。そして自分の魂に...
証し

暗やみから光へ

詩歌(悲しみの闇から)   習志野に在る教会作成 聖書は、イエスが「権威と力をもって汚れた霊どもに命じると、それらが出て来」たことを記していました。 わたしがここを読んだとき、驚いて何も言えませんでした。 なぜなら、悪鬼を...
タイトルとURLをコピーしました