福音の鍵 福(朗読付き)

福音メッセージ

中国語の字の構造によれば、「福」は「手」、「酒」、「示」の三つの部分で組み合わされてなる字であり、本来は酒で神を礼拝し、すべてが順風満帆になるように祈ることの意味です。祭った後にささげもの(酒、肉)をそれぞれ人に贈ることを「致福」、「帰福」と呼び、このことから「幸福」の意味がでてきました。
ある人は福音を信じれば天から守られ、富を得て、災難や病がなくなり、多く祝福され、長生きし、多くの子と子孫が得られると考えています。しかし、これらはみな人の考えであり、また人の望みであって、福音の主旨ではありません。

朗読(福①)習志野に在る教会作成

「人の命は、持ち物の豊かさにはないからである」(ルカによる福音書 第12章15節後半)。

福音の本体はこの世の祝福ではありません。なぜなら、人がこの世で一番富んでも、国の王となっても、多くの祝福と長寿を得ても、満足しないからです。この世の祝福は人に栄華、誉れ、人の享受を与えるかもしれませんが、真に人を満たすことはできません。

人はお金をもうけて、全世界を得ることができても、内側深くの空しさ、不安、憂いを解決することはできません。あるとき、この世の祝福が増えても、逆に人の心には安息がなく、さらに空しくなって、憂いも増し加わります! 「日の下で行なわれるわざは、わたしには悲しむべきものであった.すべては空であって、風を捕らえるようなものだからである」(伝道の書 第2章17節)。これは、一時代の帝王であるソロモンが語った言葉です。この世の祝福は、野の草花のようであり、草はやがて枯れ、花はしおれます。ある日、死が近づくとき、この世の祝福はみな幻となり、雲のように消え去っていくのではないのでしょうか? もし、福音が人に与える「この世の祝福」であるなら、それは何とあわれで、幻想的なものでしょう!

福音は暫時的な、空虚なこの世の祝福ではありません。福音は、どのようにして良い行ないをするか、どのようにして善を行なうか、どのようにしてたばこ、酒、淫行、賭博をやめさせるか、どのようにして怒らないか、どのようにして親孝行するのかを人に勧めることであると一般の人は考えます。また、儒教の教えである「大学経」を重んじている人は、福音は人に修養を教える方法であって、どのようにして人が「明徳を明らかにする」かを教えると考えています。

しかしながら、福音は人を良くするように教えたり、戒めを守るように勧めたりしません。「教え」と「勧め」はただ人を励まして行なわせるだけです。人が良くできないのは、内側の命が腐敗しているからです。こういうわけで、人は善を行なうことができないのは、善を行なうことができる命を持っていないからです。道徳が腐敗しているのは、人の内側に道徳的なことを行なう力がないからです。

朗読(福②)習志野に在る教会作成

「霊の中で貧しい人たちは幸いである.天の王国は彼らのものだからである。……心の純粋な人たちは幸いである.彼らは神を見るからである」(マタイによる福音書 第5章3節、8節)。

聖書はわたしたちに告げていますが、「幸い」は天の王国に入ることであり、「幸い」は神を見ることです。ですから、福音は修養を積むことや善を行なうように勧めることではなく、あなたに神を得させることです。神の御前で祝福を受ける最初の一歩は「霊の中で貧しい」です。人の霊は人の最も深い部分であり、神と接触し、霊的な事柄を理解する器官です。この部分は貧しくなければなりません。それは、空にすること、古いものを捨て去ることによって天の王国を知り、そして得ることを意味します。「幸い」のギリシャ語原文は、幸いと喜びの二重の意義を表します。なぜなら、天の王国は霊的であり、物質的ではないので、ここの喜びはとても深く、表面的ではありません。

わたしたちの霊は、わたしたちに神と接触させ、彼を受け入れさせ、彼を受け止めさせ、彼を入らせることのできる器官です。わたしたちの心は、命の種であるキリストが生長する土地であるので、わたしたちの心は「純粋」である必要があります。「純粋」は清いだけでなく、単純、専一、単一です。神以外のすべてのものをわたしたちの霊から出すことによって、わたしたちはある必要、欠乏を感じるようになります。わたしたちの心は単純に、専一に神に向き、神を慕い求める必要があります。こうして、わたしたちは祝福としての神を得ることができます。

朗読(福③)習志野に在る教会作成

「主の霊がわたしの上にある.彼が貧しい人たちに福音を宣べ伝えるように、わたしに油を塗られたからである.彼はわたしを遣わして、捕らわれ人たちには解放を、盲人たちには視力が回復されることを告げ知らせ、圧迫されている人たちを解放して去らせ、主の受け入れる年、ヨベルの年を告げ知らせるのである」(ルカによる福音書 第4章18節―19節)。

真の福音は、「神はすでに来られている」ことを人に告げることです。彼は二千年前に肉体と成り、人の間で三十三年半住まわれました。彼はイエスです。彼は傷ついた者に近づき、病んでいる者をいやし、頼るところのない者を慰められました。彼は人生におけるすべての苦しみを経過し、人生におけるすべての弱さを経験されました。彼には罪がありません。最終的に、彼の愛する世の人のために、彼は十字架まで行かれ、ご自分の命を捨て、彼の尊い血を流し、人のすべての罪を洗い清められました。それによって、人は全く新しい領域の中で、永遠の祝福としての神ご自身を得ることができるようになりました。

彼が来られたのは、世の人に彼の犠牲、博愛、奮闘の精神を見習わせるためではありません。また、善を行なうように勧め、良く行なうように教えるためでもありません。それは、天の、霊的な、神聖な事柄において、人々は貧しく、盲目で、病や罪の中で自由のない囚人のようにサタンに束縛されていることを人に見せるためです。彼が来られたのは、ただ一つの目的のためであって、人に神、すなわち命の源を得させるためです! これが世の人が必要とする福音です。

「この方(神)はキリストの中で、天上にある霊のものであるあらゆる祝福をもって、わたしたちを祝福してくださいました」(エペソ人への手紙 第1章3節)。

神は命の源であり、人が神を得るなら、永遠の命を得ます。人が永遠の命を持つなら、人生は満たされます。イエス・キリストは宇宙万物を創造された神であり、命の主です。彼は神の具体化であり、神の命が彼の中にあります。神がわたしたちを祝福してくださったあらゆる祝福は、霊のものであるので、聖霊と関係があります。実際に、これは神がご自身をわたしたちの中に分与することです。これらすべての祝福は霊のものであって、天上にあり、またキリストの中にあります。

友人のみなさん、あなたは「祝福、お金、長寿」を持っていないかも知れませんが、イエスを持つなら、満たされます! あなたの境遇はすべて苦難であるかもしれませんが、内側には平安があります!あなたは人に誤解され、冷やかされ、さげすまれ、捨てられたかもしれませんが、落胆しません! あなたは貧しく、お金がない生活をしているかもしれませんが、失望しません! なぜなら、神があなたの中であなたを満たし、慰め、支えているからです! この愛の神があなたの中に入るなら、あなたの人生は何と充実し、満たされることでしょう! それは主イエスが言われたように、「わたしが命のパンである.わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしの中へと信じる者はいつまでも決して渇くことはない」(ヨハネによる福音書 第6章35節)からです。

「キリストの計り知れない豊富を、異邦人に福音として宣べ伝えるためであり」(エペソ人への手紙 第3章8節後半)。

宇宙は果てしなく大きく、どこへ行って神を見いだすのでしょうか? そうです。人は神を見いだすことはできませんが、神は人を探しています。あなたの近くに密かにあなたのことを気にかけ、常にあなたのために祈っているクリスチャンの友達はいないでしょうか? 彼らはかつてこのようにあなたに告げたことはなかったでしょうか? 「主イエスはわたしたちの罪のために死なれ、十字架につけられました。彼はわたしたちの贖いの代価として血を流されました! 三日目に彼は復活したことは、彼が神であり、命の主であり、墓によって捕らえられることなく、死に打ち勝つことを現わします! 彼は復活して命を与える霊になりました。彼ご自身が失われた人を尋ね求めています。さらに彼は、彼を信じた者の中へと入って命となります」。だれかがあなたに福音を宣べ伝えているとき、それこそが、神があなたを探し求めていることです!

親愛なる友人のみなさん、あなたが神を得たいなら、慌てたり、ためらったりする必要はありません。また善を行なったり、苦行を行なったりする必要もありません。あなたはただ単純に信じて、あなたの救い主として彼を受け入れるなら、彼はあなたのすべての罪を赦し、あなたに永遠の命を与えてくださいます。この方は、愛、光、義の神であり、あなたの中に住まわれます。彼はあなたの食物、生ける水、あなたの麗しさ、衣であり、あなたの道筋、道のりです。彼はあなたの永遠の命です。雨風がどんなに吹こうとも、この世がいかに熱かろうとも冷たかろうとも、彼はあなたに慰め、暖かさ、満たし、あわれみ、義、平和、喜び……を与えてくださいます。あなたは信仰による内在的な平和と満足を持つことができます。キリストの計り知れない豊富は福音の内容です。これが真の「福」音であり、神があなたに与えようとしてくださる大きな祝福です。

友人のみなさん、このように神に祈りましょう、「おお、主イエスよ、わたしはあなたが必要です。あなたに対して空になります。単純にあなたを受け入れます。ただあなたが必要です。主よ、あなたを信じます。わたしの命としてわたしの霊の中に入って来てください。あなたのすべての豊富、すべての祝福を与えてください。アーメン」。

詩歌(キリスト、すでに勝利得る)習志野に在る教会作成

記事はJGW日本福音書房発行「ミニストリーダイジェスト」
第4期第4巻より引用

タイトルとURLをコピーしました